【二の腕のブツブツ】かゆいのが増えるのは薬局の薬が原因かも!?

【二の腕のブツブツ】かゆいのが増えるのは薬局の薬が原因かも!?

 

 

二の腕ブツブツ。
治すために薬局の薬を使っていたら、痒い(かゆい)のが増える症状になった。
という経験はありませんか?

 

二の腕のブツブツを治すために、薬局の市販薬を使ったら、痒い(かゆい)のが増えた。

 

その原因は、薬局などで購入した市販薬にある可能性があります。

 

 


そもそも、二の腕のブツブツは、毛孔角化症(もうこうかくかしょう)などと呼ばれる症状。

 

これは、肌が乾燥しがちになると、毛穴から皮脂が発生し、それが角質となって毛穴に詰まって起こります。

 

そして、二の腕のブツブツを治すための薬局の市販薬は、角質を柔らかくして除去してくれるため、たしかに効果はありますが、同時に副作用があるんです。

 

その副作用というのが、二の腕の痒み(かゆみ)が増えるという症状です。

 

 

この副作用の原因は、尿素にあります。

 

ドラッグストアなどの薬局で販売されている薬には、尿素が含まれており、これが角質をやわらげ、除去してくれますが、刺激が強い成分なんです。
尿素には、肌のターンオーバーを早める効果があります。

 

しかし、皮膚が生まれ変わったばかりの肌に刺激を与え、カサカサの乾燥肌になり炎症も起こります。

 

このような事が原因で、薬局などで売られている市販薬を使っていると、二の腕に痒い(かゆい)のが増えてしまうんです。

 

 

【二の腕のブツブツ】痒い(かゆい)症状を無くすには、尿素が入っていない保湿クリームが良い

 

二の腕ブツブツを治すには、クリームを使って数ヶ月かけて改善するのが一般的です。

 

しかし、尿素の入ったクリームだと、乾燥肌になり、痒い(かゆい)症状が増えてしまいます。

 

だから、二の腕のブツブツを治すためには、尿素が入っていない保湿クリームがオススメです。

 

 

尿素が入っていない保湿クリームとして、いま注目されているのが、「ウデセレブ」というクリーム。

 

尿素を使わずに、「セイヨウナシ発酵液」という植物性の肌に優しい成分により、肌の再生を促します。

 

また、ハリや潤いを与える保湿成分が含まれているため、ドラッグストアなどの薬局の薬を使った場合の、乾燥肌になる副作用はありません。

 

つまり、痒い(かゆい)症状を増やすことなく、肌に優しい成分と保湿成分で、二の腕のブツブツを改善できるんです。

 

 

この「ウデセレブ」というクリームは、雑誌などで多く紹介され、いま話題となっています。

 

そして、注目なのが、ウデセレブを使って二の腕のブツブツを改善しようとした人の満足度は96%という結果です。

 

これほど多くの人に支持されている、二の腕のブツブツ改善クリームは見たことがありません。

 

 

 

ちなみに、二の腕のブツブツに悩んでいる人は、二の腕の太さや、二の腕がタプタプしているという悩みを抱えている人もいます。

 

「ウデセレブ」の特徴として注目なのが、二の腕がタプタプも改善してくれる効果があるという点です。

 

二の腕のブツブツも改善すると同時に、二の腕のタプタプも改善し、キュッと引き締まった二の腕になれば、二の腕が露出する服も着れるようになり、嬉しいですよね。

 

↓とりあえず見てみたい方はこちらから↓

 

 

「ウデセレブ」のお得情報

 

「ウデセレブ」は、二の腕のブツブツを、一時的や急速に改善するクリームではありません。

 

お肌の生まれ変わり周期に合わせて改善し、徐々に改善するクリームです。

 

目安としては、4ヶ月は使用することが推奨されています。

 

 

ただ、いまなら、4ヶ月使用して満足できなかった場合、全額返金してくれる保証がついています。

 

また、「ウデセレブ」は1ヶ月に1本のペースで使用していくのですが、1ヶ月目の本体価格は0円となるキャンペーンを行っています。

 

 

 

これまでドラッグストアなどの薬局の薬を使い、痒い(かゆい)症状が増えてしまっていた方は、お肌に優しい成分と保湿成分が入った「ウデセレブ」を試してみるのもアリだと思います。

 

「ウデセレブ」を使った人の96%が満足しているという結果も出ています。

 

この機会に、「ウデセレブ」で二の腕のブツブツを治してみては、いかがでしょうか。

 

↓ウデセレブのお試しはこちらから↓