【二の腕ぶつぶつ】子供のうちに治すのは危険!?その原因とは?

【二の腕ぶつぶつ】子供のうちに治すのは危険!?その原因とは?

 

 

子供にできた二の腕の「ぶつぶつ」。

 

これは、毛孔角化症(もうこうかくかしょう)などと呼ばれる症状です。

 

ただ、子供にできた二の腕の「ぶつぶつ」も適切な治療により治ります。

 

 

 

通常、二の腕の古い角質は剥がれ落ちるものですが、毛穴に古い角質が詰まってしまうと、二の腕に「ぶつぶつ」ができます。

 

この原因は遺伝によるものと言われています。

 

つまり、両親の二の腕にブツブツがある場合、子供にも遺伝します。

 

また、両親が太りやすい体質の場合も、子供の二の腕にブツブツができる場合があるようです。

 

 

ただ、適切な治療により、子供にできた二の腕のブツブツを治すことができます。

 

 

子供の二の腕のブツブツの治療は危険かも!その原因は?

子供にできた二の腕のブツブツ。
いじめの原因となるかもと、心配する親もいるようで、治してあげたいですよね。

 

大人の場合、二の腕のブツブツは、市販薬で治す人もいるようです。
市販薬により、二の腕のブツブツが治ったという人も何人かいるようです。

 

 

ただ、子供の場合、二の腕の「ぶつぶつ」は市販薬で治さない方が良いです。

 

なぜなら、二の腕の「かゆみ」などの症状が悪化する可能性があるからです。

 


大人が二の腕のブツブツを治す場合の市販薬は、尿素の成分が入ったものが多いです。

 

尿素は、肌の生まれ変わりを早める効果があり、これにより古い角質を除去して、二の腕のブツブツ改善が期待できます。

 

しかし、その副作用として、肌の生まれ変わりを早めてしまったことにより、敏感肌になってしまうケースが報告されています。

 

敏感肌になると、炎症や「かゆみ」が発生して、別の悩みに苦しむことになります。

 

 

 

そして、子供の場合は、敏感肌になる可能性が大人よりも高いです。

 

なぜなら、子供の肌は、大人よりも肌の生まれ変わりが早く、薬でさらに早めると、これが原因で敏感肌になる可能性が高まるからです。

 

ただ、そんな子供にも、二の腕のブツブツ対策として効果的なクリームがあります。

 

 

子供(小学生・幼稚園児)にも使える!二の腕ブツブツ対策クリーム

 

子供の二の腕の「ぶつぶつ」。
この改善に最適なクリームがあります。

 

それが、「ウデセレブ」というクリーム。

 

 

二の腕の「ぶつぶつ」は、大人の女性が悩みを持つ場合が多いので、「ウデセレブ」も、成人女性用のクリームとして販売されています。

 

 

ただ、「ウデセレブ」を販売している販売元に電話で確認したところ、
子供の二の腕のブツブツ対策にも効果的という回答をもらいました。

 

女の子供にも使えますし、男の子供にも使えます。

 

 

市販の薬は、尿素を含むものが多く、肌の急激なターンオーバーにより、毛穴につまった角質を取り除くものが多いです。

 

一方で、「ウデセレブ」は、尿素を含んでいないので、お肌に優しく、子供にも使えるんです。

 

 

 

私が販売元に電話で確認したところ、
小学生の子供くらいであれば問題なく使えるとのことでした。

 

また、幼稚園児くらいの子供の場合、刺激に敏感なので、様子を見ながら使えば問題ないとのことでした。

 

 

 

子供が二の腕のブツブツを改善するために「ウデセレブ」を使った場合。
治るのに4ヶ月くらいは見た方が良いです。

 

「ウデセレブ」は、二の腕のブツブツを急激に改善する薬ではなく、穏やかに徐々に改善するためのクリームです。

 

子供の場合、もともと肌の生まれ変わりが早いので、これ以上早く、肌を生まれ変わらせてしまうと危険です。

 

「ウデセレブ」は、その辺も考えて、肌にダメージを与えそうな添加物は含まれていません。

 

 

それにしても、これから数十年も生きる子供が、4ヶ月くらい様子を見ただけで治るのであれば、治療期間は短いのではないでしょうか。

 

ちなみに、「ウデセレブ」を使用した人の満足度は96%と、かなり高いです。

 

子供の二の腕のブツブツ対策として、試してみても良いかも知れません。

 

↓「ウデセレブ」のお試しはこちらから↓